あなたのお子さんがオスグットになる理由

こんにちは。坂口治療室の栗田です。

本日は膝痛の中でもオスグットでお悩みのお子様をお持ちの方に向けて記事を書きます。

自分の友人でもオスグットが原因でスポーツを断念した友人もいました。

そんな人を増やさないためにも、ぜひこの記事を読んで頂ければと思います。

 

オスグットの原因

 

 

まずオスグットの原因についてお話をします。

オスグットとは太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が緊張することにより、その筋肉が付いている膝下の部分を引っ張り、痛みを発生させるものです。

成長期や運動を多くやっている子供に多い症状として有名です。

そのため一般的な病院や接骨院では、

「成長期だから仕方がない」「安静にするしかない」「大腿四頭筋をマッサージすれば治る」
と言われることも多いかと思います。

しかしこれらの考え方には

成長期だから仕方がないのであれば、他の子どもたちもみんなが痛みを感じるのでしょうか?

安静にして痛みが引いた後に復帰して、また痛みを再発させる子が多いのではないでしょうか?

太ももをマッサージしても痛みが引かない子も多かったのではないでしょうか?

といった疑問を感じています。

という自分もかつて勉強不足だった時は、教科書通りに大腿四頭筋のマッサージやストレッチをしており、その中で患者様が中々改善していかないことを経験したからお伝えできることなのです。

本日は

なぜオスグットになる子ならない子がいるのか?

なぜ安静にしても治らないのか?

大腿四頭筋をマッサージしてもなぜ治らないのか?

について書いていきます。

 

オスグットの「本当の原因」は?

 

 

まずオスグットの痛みの原因。これは大腿四頭筋の緊張が間違いなく関係しています。

しかしなぜ大腿四頭筋が緊張しやすい状態になっているのか?が非常に重要なのです。

 

①お子様の姿勢

オスグットになる子で多いのは、簡潔に言えば腰が少し丸まった猫背姿勢です。

ためしにやって欲しいのですが、まっすぐ立った状態で太ももの前を触ってみます。

次に腰を丸めて猫背のような姿勢を作り、太ももを触ってみます。

すると圧倒的に大腿四頭筋が猫背姿勢の方が硬くなってはいないでしょうか?

実は腰が丸まると、それをかばうために大腿四頭筋が硬くなります。

つまり姿勢を良くしないとオスグットは治りにくいのです。

普段の座っている時にイスに浅く座っていたり、ソファーで腰が沈むような状態が多いのであれば、絶対にNG!

ぜひお子様にもこのことを伝えてあげて下さい

 

②太ももの裏の筋肉が上手く使えない

 

本来太ももの裏が働くことで、人はスムーズに身体を動かしています。

しかしオスグットでお悩みの多くのお子様は姿勢などの影響もあり、前側の筋肉をよく働かせる傾向にあります。

なので、簡単なトレーニングで太ももの裏に働いてもらえるようにすれば、大腿四頭筋の負担も減り、痛みも引きやすくなります。

やり方は

① 肩幅に足をひらく
② 背筋を伸ばしたまま、お尻を後ろに出来るだけ引いていく
③ 10秒ほどキープして、それを5回ほど繰り返す

たったのこれだけです。

注意点としてはお尻を引くときに、膝がすねの骨より前に出てしまうと、大腿四頭筋を使ってしまいます。

膝はすねの骨と垂直な位置をキープして行って下さい。

上手く出来るとその姿勢で太ももの前を触っても筋肉は硬くなっておらず、逆に太ももの後ろをよく使っている感覚が分かると思います。

 

まとめ

 

ではこれらをふまえて、先ほどの疑問点の答えを書いていきます。

なぜオスグットになる子ならない子がいるのか?
→姿勢の問題が少なく、太もも裏がしっかり働いていれば痛みがでないから

なぜ安静にしても治らないのか?
→安静にすれば、一時的には太もも前の緊張は落ちるが、姿勢の問題や太もも裏の使い方を変えないと、また同じように負担をかけてしまうから

大腿四頭筋をマッサージしてもなぜ治らないのか?
→そもそも大腿四頭筋が緊張する原因がとれていないから

といったところです。
ぜひ参考にしていただき、オスグット改善のお役に立てればと思います!

坂口治療室 栗田

 

 

 

 

PS.お身体の痛みや不定愁訴などでお悩みの方はご相談だけでも大丈夫ですので、お電話かメールを下さい。
きっとお力になれることがあると思います。

TEL : 03-3725-6697
Mail : yakumo1.5.6.202@gmail.com

関連記事

  1. ぎっくり腰の痛みを緩和するコルセットの巻き方といえば!?

  2. 頭痛の原因はある飲み物だった!?

  3. 肩こりの原因とマッサージでは肩こりが治らない理由!

  4. 股関節の痛みを作り出す!女性は絶対に気を付けるべき「あの」座…

  5. 手がしびれてどうしようもないあなたへ

  6. めまい、耳鳴り、吐き気、頭痛・・・それって本当にメニエール病…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ご予約はこちらから
LINE登録